English+Music

音楽はフィーリングで♫英語はマジで♫

重ダルい朝にすること

朝は恐ろしく低血圧。最近では睡眠障害による慢性的な睡眠不足も重なり、午前中の活動が鬼のように辛い。起きるのは朝5時くらい。もっと寝たいんだけど目が覚めてしまいもう一度寝ることも出来ないのでしょうがない。目は覚めてはいるが体がシャキシャキ動くわけではないので、ただソファーにボーっと座っている。なんなんだこの不毛な時間は。と毎日思っている。それでも家族が起き出す頃にはご飯の支度などを一応始める。しかし体が重い。一つの動作をする度にソファーにへたり込む。そして少し休んでまたなんとか気持ちを奮い立たせて次の動作へ。家族を送り出し朝の家事に取り掛かるわけだけど、結局このズルズル体を引きずる感じでなんとか終わらせる日々。

 

まあ、今まで忙しすぎて体や心を病んだ時期もあったのでそれに比べれば、マシな方である。でも、心身ともに重~い朝は、気持ち良いものではなく、どうにか改善できないかと対策を考えている。

 

対策① 近所のヨガに通う。ヨガはとても良い。体はガッチガチに硬いけどそんな事は特に気にならない。完璧にポーズができなくても血液やら、リンパ液やら、気?やらが体を巡る感覚はとても気持ちが良い。

 

対策② 音楽で気持ちを徐々にあげる。これはとても簡単で効果的だと思うのだけど、音楽のチョイスは結構難しい。未だに試行錯誤中。私の大好きな音楽達は「超激しい系」か「超癒し系」が多く、急に血圧が上がりすぎて危険、か、ソファーにそのまま沈み込んでしまい危険、のどちらかだからだ。(極端な性格が滲み出てる…)

私はApple Musicを利用しているので、音楽はなんでもかんでも聴き放題。なので、ヒーリング系を聴いてみたり、朝のクラッシックみたいなCDをチョイスしてみたりしたのだがしっくりこない。魂のこもってないただ音を追っているだけのような演奏を聴いていると段々気分が悪くなるし、腹が立ってくる事が多いのだ。

そこで考えたのは

 

「好きな作曲家の馴染みのないピアノソナタを好きな演奏家の演奏で聴く。(ボリュームは小さく)」という方法。

 

ピアノソナタは朝まず最初に聴く音楽としては音色がちょうど良いと思う。それでも激しい曲もあるのでボリュームは小さく。好きな作曲家・演奏家なら聴いていてイラつく事もない。馴染みのないピアノソナタはBGM風に聴けるのでスターターとして良い。というアイデアだ。

 

今日はベートーベンのピアノソナタをマウリッツィオポリーニの演奏で聴いている。彼はなんとベートーベンの全てのソナタ31曲を全て収録しているCDを出しているのでかけっぱなしには最適!とても良い感じで体が動くようになってきている。ナイス!

 

皆さんも朝のピアノソナタお試しください♫

youtu.be