English+Music

音楽はフィーリングで♫英語はマジで♫

マイスタージンガーをピアノで弾いたら ーグレングールドー

※最後に英語でザックリ訳してます

 

グレングールド編曲のマイスタージンガー(ワーグナー作曲)を聴いた。

はっと息を止めたまま立ち尽くす。

そんな10分。

 

 元々はオーケストラ曲であるマイスタージンガー(ワーグナー作曲)

 

マイスタージンガーと言えば、みんなを気持ちよくさせる天才ワーグナー大先生の中でも「やたら鼓舞されて気持ちよくなる率120%」の名曲の1つだと思うんだけど、グールドのマイスタージンガーは、なんだか、そんなワーグナー先生に

「先生、それでいいんですか?」

と問いかけているような感じがする。愛ある「おちょくり」のような、無邪気な問いかけ。でも馬鹿にしてるわけじゃないのはすぐに分かる。だって、このグールドの編曲を聴いてから本物のマイスタージンガーを聴くと、ワーグナーの音楽に対する思いを再確認するような新たな感動に包まれるから。やっぱりさすがワーグナー大先生だ!って胸が熱くなる。不思議な化学反応。二人共が本物だから、音楽への愛が本物だから、こんな素敵な化学反応が起こるんだろうな!と思う。こういう出会いに遭遇できると本当に幸せで涙がちゃうんだよな~。

 

この曲は

CD: This is Glenn Gould – story of a Genius

に収録されています

 

youtube はこちら↓

youtu.be


 

 

The Mastersingers of Nuremberg by Wagner is, you know, one of the masterpieces of all time. It’s just so encouraging and catchy that almost no one can hate it. You may say it’s like a pop song which is designed to “grab” people’s heart. Yes that might be right.

Gould asks this great composer an innocent question.

“Is this what you want, master?”

“Gould is teasing his masterpiece.” you may feel, but I didn’t feel so. His arrangement is filled with great love for music and, of course, for Wagner.

Please listen to Wagner’s original piece after listening to Gould’s arrangement. There is a wonderful chemistry between them. You will be overwhelmed by Wagner’s greatness more than ever before, and I believe this doesn’t happen without Gould’s respect for Wagner. This kind of happy encounter makes me feel awwwww. Totally. Thank you so much Gould!