English+Music

音楽はフィーリングで♫英語はマジで♫

生き延びました。あーしんどかったー。

この三日ほど、ぶっ倒れてました。よくぞ乗り切ったぞ私。

とにかく体が重い、呼吸が浅い、頭が痛い、気持ち悪い、食欲が全くない、という状況で弱る一方。熱中症かと思いクーラーをかければ頭痛がひどくなる。吐き気がます。ますます食べられない。とにかく少し動けば布団に倒れこむの繰り返し。首にまく保冷剤入りのタオルすら重い…。しかし寝ても何も改善せず、余計体の中の廻りが悪くなって具合が悪くなっていくという感じだった。

 

これはヤバすぎる!ので、どうしたらいいか先生に相談してみよう、栄養の点滴を打ってもらおうとヘロヘロな状態で病院へ行った。待たされること1時間、病院のクーラーが寒すぎて頭痛マックス、よく吐かなかったわ私。先生に話を聞いてもらい、とりあえず頭痛は痛み止めを飲んで少しでも軽減する、食欲ないのは胃腸の働きを助ける薬のんで何とか食べる、という当たり前の診断と薬を出してもらって点滴へ。またこの点滴の部屋が極寒。毛布を二枚かけてもらって温度も少し下げてもらったけど30分間死ぬほど寒かった。看護婦さんも、気にかけてくれてたけどもう出来ることは全てしてもらったのであとはもう寒さに耐えるしかなかった…。この寒い寒い病院で具合は更に悪くなり家に帰ってしばらく寝込む。

 

ここで気づいたのは、私は異常な寒がりだ!ということ。他の人がちょうど良い、という温度は私には超寒いのだ。そういえば、どこに行っても、いつもいつも寒すぎる!電車では快速とか乗ったらかなり早い段階からゾクゾクしてくる。通風孔の下になってしまったら3分以内に震えだす。スーパー、寒い。すぐに出たい。レストラン、コンサートホール、お絵描き教室、生徒さんの家、どこに行っても、いつもめっちゃ寒い!!そしてそこここで、ガッチガチに体がかたくなって頭痛を引き起こしてるんだろうと思われる。私は、暑いわー!!と汗かいてる方が元気でいられるタイプなんだろう。

ということで、これからはクーラーとの適切なお付き合いについて考えていこう。と思う。

 

因みに、今朝も朝は絶不調。頭痛あり、体重い、体中なんだかギシギシかたくなってる状況だった。まずは、起きてすぐにポカリスエットを温めて飲む。バナナも食べる。頭痛薬を飲む。シャワーを浴びる。軽いヨガをする。それでも体中が悲鳴をあげてる感じ。でも少しずつ家事をする。頑張り過ぎはダメだが、少ーしだけ頑張って動かないとかえって具合が悪くなるので少しずつ動く。一つずつ用事をしているうちに、薬も効いてきて動きやすくなる。動くと汗ばむ。ちょうどいい疲労でお腹がすいてくる。なかなか良い循環になってきた!病院で出してもらった胃腸の薬のおかげもあると思う。本来、あまり薬を使いたくないなあと思っているけれど、この状況はとても自分のチカラで乗り切れなかっただろう。お薬、有難う。

 

まだまだ猛暑が続くけど何とか生き延びるぞ!

皆様も、お体大切に。

 

※因みに恐ろしく元気を失ってる時は何も音楽聞けませんでした。無音。今日久々に「あー音楽聴きたいな!」と思いました。元気って素晴らしいなと実感しながら聴いています。もちろん最初に聴く曲はブラームス♥交響曲第二番。

 

カルロスクライバーの速いブラ2が大好きです。

youtu.be